台湾での会社設立の流れ

台湾に進出して、会社設立を検討される方は様々な不安や心配、疑問点があると思います。

 

 「台湾で会社設立するのは難しいのでは?」

 「会社設立するメリットがわからない」

 「会社設立に掛かる費用がどれくらいか心配」

 「資本金はいくら準備すれば良いのだろう」

 

このようなお悩みを解決するため、弊社では台湾で会社設立するための流れを無料でご紹介いたします。

 

①法人形態の決定

まずは台湾で設立する法人の形態を決めます。

法人形態は主に3つありますので、それぞれの目的に応じて選択をします。

 

1.現地法人     中国語:股份有限公司/有限公司(日本の株式会社/合同会社に相当)

2.台湾支店    中国語:分公司(日本本社の支店)

3.駐在員事務所  中国語:辦事處(日本本社の連絡事務所)

 

各法人形態の違いについては、下記を参照してください。

 

②法人形態別の申請内容

各法人の形態によって各種の申請が必要になる場合があります。

各申請区分の内容に応じた提出資料を用意する必要があります。

③法人形態別の会社登記申請方法

具体的に法人形態が決まりましたら、実際に会社登記の申請を行います。

弊社では台湾での会社設立のノウハウを無料で公開いたしますので、検討されている法人形態をクリックして御覧ください。

 

 1.現地法人(股份有限公司/有限公司*日本の株式会社/合同会社に相当  【近日公開予定】

 2.台湾支店(分公司*日本本社の支店 【近日公開予定】


 3.駐在員事務所(辦事處 *日本本社の連絡事務所

 

*法改正や制度改正などで実際の内容と異なる場合があります。

*実際に申請手続きをされる場合は最新の情報をご確認の上、お手続きを行ってください。 

*内容についてご不明な点がありましたら、いつでも無料で対応いたします。